【八重山】石垣島や竹富町の島々でレジャー商品を企画・販売する平田観光(大場喜満代表)は13日、石垣市内で会見を開き、創業50周年記念事業として八重山の民謡・民話がモチーフのドラマを制作すると発表した。「月ぬ美しゃ」「デンサー節」などに込められた教訓などを現代風に捉え直し、若い男女や家族間の人間ドラマとして描く。大場代表は「ドラマを通して素晴らしい八重山の伝統文化を多くの人に伝えたい。誘客にもつなげコロナ禍からの経済回復に貢献したい」と意気込む。(八重山支局・粟国祥輔)

 創業は日本復帰直前の1972年4月。今...