1971年に私立花園幼稚園として開園し、2015年に宮古島市初の幼保連携型認定こども園になった。101人が通う。  新城久恵園長は「感じる、つながる」をコンセプトに宮古島のアイデンティティーを育む。民謡や方言の専門家を招いて本物に触れさせ、昔遊びを伝える。