16日午前9時40分ごろ、那覇市おもろまち4丁目市道の交差点で、普通乗用のワゴン車と軽乗用車が衝突し、ワゴン車が横転した。それぞれの車に乗っていた4人が病院に搬送されたが命に別条はない。那覇署はワゴン車を運転していた住所、職業不詳の容疑者(23)を道交法違反(救護義務違反)の疑いで緊急逮捕した。調べに「何も言いたくない」と容疑を黙秘している。

衝突後、横転したワゴン車=16日午前10時ごろ、那覇市おもろまち4丁目(画像の一部を加工しています)

 逮捕容疑は16日午前9時40分ごろ、那覇市おもろまち4丁目の交差点で、事故の負傷者を救護せず逃げた疑い。

 那覇署によると、ワゴン車は事故の直前に同市内で信号無視した疑いでパトカーに追われ、逃走していた。乗っていた男性3人は事故後に走って逃げたが、警察官に確保された。署は容疑者以外の2人からも事情を聴いている。

 同市消防本部によると、軽乗用車に乗っていた70代男性と40代女性、ワゴン車に乗っていた20代の男性2人が病院に搬送された。全員打撲などの軽傷。

 現場は住宅や飲食店が立ち並ぶ地域。標識や石柱もなぎ倒され、付近で一時停電も発生した。目撃した女性は「衝突後、ワンボックスの男性3人が逃げて散り散りになった。何があったのか」と不安げに話した。