沖縄タイムス+プラス ニュース

うるま市長選 きょう23日投開票 当落判明は午後11時ごろ見通し

2017年4月23日 05:01

 【うるま】任期満了に伴ううるま市長選は23日、投開票される。新人で前沖縄県議の山内末子氏(59)=無所属、社民、共産、社大、自由、民進推薦=と、現職の島袋俊夫氏(64)=無所属、自民、公明推薦=の2氏が立候補しており、新人と現職の一騎打ちとなる。開票は同日午後9時からで、11時ごろには当落が判明する見通し。両陣営は22日夕、市内でそれぞれ打ち上げ式を開き、支援を訴えた。

(左)市政刷新を訴える山内末子氏=22日午後7時すぎ、江洲仲原交差点(右)市政継続を訴える島袋俊夫氏=22日、うるま市・安慶名十字路

 4年前の市長選は無投票だったため、2005年の2市2町合併後2度目、8年ぶりの選挙。8年間の市政運営に対する評価や子育て支援策、経済振興策などが大きな争点となる。

 市長選は翁長雄志知事を中心に「オール沖縄」勢力が支援する山内氏と、政府・与党の支援を受ける島袋氏の対立構図となった。来年に控える名護市長選、県知事選の前哨戦と位置付けられており、両陣営ともに国政選挙並みの応援合戦を繰り広げている。

 1月の宮古島、2月の浦添の市長選で連敗が続くオール沖縄勢力は、背水の陣で選挙戦に臨む姿勢を示す。自民・公明は中部の中核都市を死守し、3連勝を飾ることで今後の選挙に勢いを付けたい考えだ。結果は県内政局に影響を与えるとみられ、注目が集まりそうだ。

【候補者の略歴】

 山内末子(やまうち・すえこ) 1958年生まれ、市石川出身。帝京大学卒。94年から旧石川市議やうるま市議を4期務めた。2008年の県議選で初当選。立候補のため3期目の途中の2月に辞職した。

 島袋俊夫(しまぶく・としお) 1952年生まれ、市天願出身。沖縄国際短期大学卒。90年から旧具志川市議やうるま市議を5期務めた。2009年に市長選へ出馬し、初当選。13年に無投票で再選された。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
注目トピックス
高校野球
高校野球
第101回全国高等学校野球選手権沖縄大会(6月22日~)の全試合をイニング速報します。
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
国際観光都市を目指す沖縄。食の多様性への対応が求められています。その最前線を取材!
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします