5月15日の沖縄の日本復帰50年記念式典を前に、沖縄県は18日、1回目の式典推進本部会議(本部長・玉城デニー知事)を開き、式典概要を確認した。招待者は、沖縄・東京の2会場で計2600人とする。ただ、県は新型コロナウイルスの感染状況がさらに悪化した場合は、式典の規模縮小も視野に入れる。(政経部・又吉俊充)

復帰50周年式典の推進本部会議で、当日の内容を確認する玉城デニー知事ら=18日、県庁

 沖縄会場の沖縄コンベンションセンターには約1400人、東京会場のグランドプリンスホテル新高輪には約1200人を招待する。県は広く復帰50年を発信するため、動画配信サイトを活用して式典の中継も行う予定だ。

 県の式典担当者は、5月の大型連休に入る前の4月末にも第2回の本部会議を開き、大会規模を縮小するか最終判断するとした。県は、感染状況が悪化した場合でも式典の延期や中止はせず、規模を縮小するなどの対応を取った上で実施する考えだ。

 式典は国と県との共催。5月15日午後2時から沖縄と東京の2会場をオンラインでつないで開催する。沖縄会場には岸田文雄首相が出席。天皇皇后両陛下もオンラインで出席する。

 玉城知事は「式典まで1カ月を切った。推進本部として万全の体制を構築したい」と意欲を示した。