【東京】岸信夫防衛相は19日午前の記者会見で、沖縄県内で昨年12月、米海兵隊の男が強制性交等致傷罪で那覇地検に起訴されていたことについて「防衛省として遺憾の意を米側に伝え、隊員の教育や綱紀粛正の徹底、被害者への誠意ある対応について申し入れた」と述べた。

米兵の起訴に関し、防衛省の対応を説明する岸信夫防衛相=19日午前、国会内

 岸氏は「米軍人軍属の事件事故は、あってはならない」との認識を示した上で「その防止には米国の努力が必要。米側に実効性ある再発防止策を求めていく」とした。