沖縄タイムス+プラス ニュース

市長選4敗、辺野古問題への影響は…? 「民意変わらず」と沖縄県幹部

2017年4月24日 06:06

 うるま市長選の結果について、沖縄県関係者は「宜野湾、宮古島、浦添に続く事実上の4連敗目で、オール沖縄、翁長県政に痛手となるのは間違いない」と語る。

沖縄県名護市辺野古沖

 一方、選挙戦で両候補とも辺野古新基地の是非には触れておらず、「有権者が辺野古への判断を下した訳ではないことは明確だ。これまでの辺野古反対の民意を掲げ、政府と戦う」と述べ、引き続き新基地建設阻止を訴えるとした。

 別の県幹部は基地問題で大きな争点がなかったことから「地域の実情が出た。現職の安定感を選んだと言える。辺野古問題への影響を分析するのは難しい」と冷静に受け止める。

 県政与党の一員や辺野古基金の運営委員長として、翁長知事を支えた山内末子氏の落選には「知事は今後も一緒に取り組みたかったのでは」と推測した。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS