米軍嘉手納基地(沖縄県)に19日、カナダ空軍のC17大型輸送機1機が飛来した。北朝鮮船舶が別の船に横付けして物資を積み替えるなどの「瀬取り」の監視で、関連資材の輸送に対応したとみられる。目撃者によると、同機は同日午後1時3分ごろ同基地に着陸。その後、機体から荷物を搬出する様子が確認された。

 18日から飛来している米軍岩国基地配備のFA18戦闘攻撃機3機が、午後2時40分ごろ訓練で離陸する様子もあった。嘉手納町によると、FA18戦闘攻撃機が離陸した時間帯の同2時33分に同町屋良で「騒々しい工場内」に相当する91・9デシベルの騒音を記録した。

(中部報道部・砂川孫優)