「LIFE~夢のカタチ~」
4月23日(土)午前11時~(ABCテレビ 関西地区で放送)





“夢”をキーワードに人生の輝く瞬間を浮き彫りにする人間ドキュメント!



夢に向かって情熱を傾ける人々に密着し、人生の輝きを描きだす!
演技派俳優・佐々木蔵之介が番組の案内人としてナレーションを担当!



自然素材を使い、唯一無二の自転車フレームを作る自転車職人のハラ・ジェルソン・アイザワさん。
日系ブラジル人のジェルソンさんが来日して魅せられたのが竹でした。

軽くて強く、しなやかな竹をメイン素材に完全オーダーメイドで作るジェルソンさんの自転車は
乗り手にジャストフィット! 
番組では弱視の男性のために作ったタンデム自転車を紹介します。

新たに取り組むのは、生態系を破壊する要因となっている放置竹林の竹を使った自転車! 
どんな作品が完成するのでしょうか?







大阪市住吉区の静かな住宅街の一角に、自然素材を使って唯一無二の自転車を作る工房「GERWORKS」があります。作っているのは自転車職人のハラ・ジェルソン・アイザワさん。来日23年目の日系ブラジル人です。










ジェルソンさんが自転車のフレーム作りに使う主な素材は、軽くて強く、しなやかな竹。真竹という高さ20メートル、直径15センチほどに成長する大型種を主に使っています。よくしなり、振動を吸収する竹製のフレームは乗り心地がバツグン。しかも、世界基準の強度試験をクリアしています。完全オーダーメイドで乗り手にジャストフィットするジェルソンさんの自転車は、YouTuberのミズノアキヒトさんをはじめ、多くのサイクリストたちに愛されています。





 竹のほか、木材を使うこともあるフレームの仕上げには、漆や金箔、螺鈿細工など日本の伝統工芸技術を施し、美しさと独創性を際立たせています。








ジェルソンさんはブラジル・サンパウロ出身の日系3世。自身のルーツを知りたいと、22歳のときに来日しました。当初は溶接関係の仕事に就職。そこで得たスキルが今、とても役に立っているといいます。そんななか、日本の竹細工の美しさに魅せられ、もっと竹について知りたいと造園業に転職。さらに、竹を使って何か作りたいと、仕事の傍ら、第一号の自転車を完成させたのです。




 その後、自転車職人としてスタートしたジェルソンさん。豊中市にある「サイクルショップ銀輪亭」のオーナー、出口さんはジェルソンさんが作る自転車のファンのひとりで、多くの人にジェルソンさんの自転車を紹介してきました。そのひとりが大阪の弱視の男性。奥さんと一緒に2人乗りのタンデム自転車でレースに出場したいと相談された出口さん。しかし、重いタンデム自転車を小柄な奥さんが操縦するのは難しい。そこで、ジェルソンさんに白羽の矢が立てられたのです。男性の夢は叶い、夫婦で大会に参加したり、サイクリングライフを満喫しています。





ジェルソンさんが挑む新たなオーダーは、和歌山県海南市の竹を使って照明を製作する会社からの依頼。実はいま、日本各地で手入れをされず、生態系を破壊する要因になっている放置竹林が問題になっています。そんな竹林の竹を使って、自転車を作ってほしいというオーダーです。白浜町に赴き、竹を伐採したジェルソンさん。どんな自転車を完成させるのでしょうか?



【その他の写真】























【ナレーション:佐々木蔵之介】














※写真使用の際は「(c)ABCテレビ」表記をお願いします。















「LIFE ~夢のカタチ~」(ABCテレビ ローカル)



4月23日(土)午前11時~11時30分
ナレーション:佐々木蔵之介







本件に関するお問合わせ先
ABCテレビPRプランニング部 竹内一平(ippei_takeuchi@asahi.co.jp)

関連リンク
公式Instagram
https://www.instagram.com/life_yumenokatachi/
番組HP
https://www.asahi.co.jp/life/
提供: