わたしがキレても、葛城(かつらぎ)さんは平然としていた。「村松さまを待たせてはいけません。歩きながら話しましょう」と言って、こっちの返事を待たずに歩きだす。  しかたなく隣に並んで、「わたし、もうなにもやりませんから」と言った。「民宿のおかみさんに徹します。