【東京】稲田朋美防衛相は25日午前の閣議後会見で、沖縄タイムスなどが実施した沖縄県民意識調査で名護市辺野古の新基地建設に「反対」が6割を占めたことに、「沖縄の皆さん方のご意見ということも、しっかり受け止めなければならない」と述べた上で、工事は進める考えを示した。