共同通信社は23日、沖縄県の日本復帰50年となる5月15日を前に、県民を対象に実施した郵送世論調査の結果をまとめた。復帰して「良かったと思う」が94%となった一方、復帰後の県の歩みに「満足していない」と答えた人は55%に上った。このうち40%が「米軍基地の整理縮小が進んでいない」を理由に挙げた。基地負担に関する他の都道府県との比較では「どちらかといえば」を含め「不平等だと思う」が計83%を占めた。

【関連記事】
米軍基地問題に世代差 しまくとぅば「聞ける話せる」50代未満7%
完全な「復帰」道半ば 岸政彦氏(立命館大教授)

 復帰から半世紀を経ても過重な基地負担に対する県民の不満が浮き彫りとなった。復帰後の歩みに「満足している」は41%で、このうち「日本国憲法の下、人権が尊重されている」を理由とした人が31%と最多だった。...