北海道・知床半島沖で観光船が消息を絶った事故を受け、沖縄総合事務局運輸部は25日、旅客船などを運航する県内の約420事業所に、点検や安全管理を徹底するよう求める注意喚起の文書を出した。

(資料写真)海

 総合事務局によると、文書は「旅客船の安全確保の再徹底について」との表題で、非常時の脱出手順の再確認や早急に事故予防措置に努めるよう求めている。

(社会部・比嘉太一)