[戦後77年]

戦没者一人一人の氏名を読み上げるプロジェクトへの参加を呼びかける、実行委の岩城美智子さんら(左から2人目)=25日、県庁記者クラブ

 6月23日の慰霊の日に向け、糸満市摩文仁の「平和の礎」に刻まれた戦没者24万1632人全員の名前を、声に出して読み上げるプロジェクトが始動した。主催は戦争体験者や戦没者遺族など市民有志でつくる「沖縄『平和の礎』名前を読み上げる実行委員会」。読み上げに10日ほどかかると見通し、参加者500人程度を募集している。

 県内数カ所に設置する会場のほか、オンライン会議システム「ズーム」を使って個々の端末からも参加できる。参加者はリレー方式で戦没者の氏名と没年、亡くなった場所などを交代で読み上げる。1人当たり持ち時間30分で、500人ほどの読み上げを想定する。

 実行委は6月11~12日から読み上げをスタートする。最長1日22時間、最大11日間続け、慰霊の日の23日朝までには刻銘者全員を紹介する。

 25日に県庁で記者会見した実行委の1人、沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表の具志堅隆松さんは「一人一人の名前はその人が確かに存在し、人格があったということを表す」と意義を説明した。

 実行委のホームページか、ファクス03(3916)2676でも受け付ける。刻銘者名簿のふりがな作成など、補助スタッフも募集している。参加申し込みフォームのURLは

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSegeiMN-Vpbs0D6lk4JwfvE6ZlrJrFPePeLMsUCKbZVBzaSBg/viewform?usp=sf_link

(社会部・城間陽介)