沖縄タイムス+プラス プレミアム

[記者の視点]嘆かず依存せず黙々と 国の不条理に向き合う

2017年4月26日 08:13有料

 敗戦後のシベリア抑留を経験した詩人、石原吉郎に「ペシミストの勇気について」というエッセーがある。 囚人は寒さと飢え、ソ連兵の暴力に襲われ、互いを蹴落とさなければ生き残れない。そんな極限状態にあって、加害者になることを拒否した人物がいた。鹿野武一という。 収容所と作業現場の往復は必ず5列行進だった。

ルポ沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実 (朝日文庫)
阿部 岳
朝日新聞出版 (2020-01-07)
売り上げランキング: 9,780

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気