[未来支える]

(左から)第一総業の城間宏太郎さん、喜納あかねさん、目録を手渡す我如古正伸社長、受け取るタイムスの武富和彦社長、第一総業の嶺井政尚さん=26日、那覇市・沖縄タイムス社

 リースや保険代理店業の第一総業(沖縄県那覇市)の我如古正伸社長は26日、沖縄タイムス社を訪れ、県内の子どもの貧困解消に取り組む「沖縄こども未来プロジェクト」(代表・武富和彦沖縄タイムス社長)に約28万円を寄付した。

 同社は復帰の1972年創業で50周年を迎え、リサイクル販売や恩納村のビーチの軽石回収など達成したい19の項目を掲げた。今回の寄付は、教育関係に携わっていた社員の立案で決まった。

 我如古社長は、制服や体操服など入学時に数万円の費用がかかることに触れ「子どもの教育や貧困の解消など、少しでも地域のお役に立てれば」と話した。