[未来支える]

沖縄タイムス社の瑞慶山秀彦専務(右から2人目)に寄付金を手渡す金秀シニア実行委員会の新垣秀彦委員長(左から2人目)、事務局の島袋真徳さん(左)、事務局長の仲松尚美さん(右)=27日、沖縄タイムス社

 「金秀シニア沖縄オープンゴルフトーナメント2022」を運営する「金秀シニア実行委員会」は27日、県内の子どもの貧困解消に取り組む「沖縄こども未来プロジェクト」(代表・武富和彦沖縄タイムス社長)に38万9300円を寄付した。

 4月に行われた同トーナメントの賞金や収益金の一部を寄付金に充てた。沖縄タイムス社を訪れた同委員長で金秀ホールディングスの新垣秀彦社長は「これからもゴルフを通して支援をしていきたい。企業として、県民生活が豊かになることを願って取り組んでいく」と述べた。

 沖縄タイムス社の瑞慶山秀彦専務は「大人が子どもたちを見守ることが大事。引き続きご協力をお願いします」と感謝した。