27日午後0時50分ごろ、那覇市真嘉比の国道330号で「車が2階の駐車場から落ちた」と目撃者から110番通報があった。那覇署などによると、国道南向け車線の「おもろまち駅前」バス停付近にある建物内の駐車場から、乗用車が国道に落下。乗っていた那覇市の無職男性(72)が救急搬送されたが右足打撲などの軽傷で、生命に別条はないという。他にけが人はいない。署が事故原因を調べている。

テナントビルの柵を破り、国道に落下した乗用車=27日午後1時50分ごろ、那覇市真嘉比の国道330号(画像を一部加工しています)

 署などによると、乗用車は国道沿いにある5階建てのテナントビルの2階部分にある立体駐車場の柵を破り、国道に落下した。

 ビル1階で営業していたフレンチレストラン「ビストロモンマルトル」のオーナーシェフ、植村慎太朗さん(48)は「店の中にいて、ものすごい音がした後、車がバウンドして落ちてきた」と当時の状況を語り「あまりにも驚いて状況を理解するのに時間がかかった。事故当時、人も車も通っていなかったことは不幸中の幸いだった」と話した。