T セゾン投信さんは沖縄に窓口はありますか?

ちゅら 私はインターネットから証券会社の口座を開いて、そこから購入しています。

T ネットって怖いですよ。メールやホームページだけで担当者の顔も見えないし。地元の金融機関だったら、古堅さんとか嘉手苅さんとかがいて、敷居が低い感じが。

 

ちゅら ネットが怖い、というのも誤解ですよ(笑)。ネットを上手に使うことで、私たちの暮らしは確実に豊かになりましたよね。

T まあ、買い物とか、調べ物とかは確かにお世話になっています。宅配便にも。

ちゅら ちゃんと調べれば、信頼できる証券会社はたくさんありますし、電話でも対応してくださるので、私は今までトラブルはありません。

 でも、振り込んで運用したお金を払い戻したいと言ったとき、本当に返してくれるか不安なんですよ。知り合いもいないし。

ちゅら 大丈夫です。私も一度、口座から解約をお願いしたことがありますが、数日後にはしっかりと口座に振り込まれていました。必要な額だけでも解約できるので、そんな心配はいらないですよ。

T すみません。小心者で。

ちゅら Tさん、「イデコ(iDeCo、個人型確定拠出年金)」って知ってますか?

T 野球の韓国代表の?

 

ちゅら …

T それはイ・デホ(李大浩)ですね。すみません。

ちゅら 今年から専業主婦の方も加入できるようになったことで、より注目されています。

T 年金だと、国民年金と何が違うのですか?

ちゅら 国民年金は国が管理・運用管理していますが、イデコは個人個人で運用します。国民年金は国から支払いの請求が来ますが、イデコは自分で口座を開設し、運用する金融商品を選びます。

T お任せではなく、自分の眼力が問われるわけですね。

ちゅら そうです、運用は自己責任です。頑張って研究して好成績を上げれば、満期になる60歳から受け取れる年金も増えますが、何も勉強しないと年金は少ないままになる恐れが高くなります。

T じゃあ、最初の金融商品選びが肝心なのですね。

ちゅら そうなんです。投資をしたくないのであれば、元本保証型でいくこともできます。ですがせっかく運用で利益を増やすチャンスもあるので、運用実績のあるインデックスファンドを組み入れることも、ご家庭の方針に応じた判断で選ぶといいと思います。

 元本保証だと結局、定期や財形と同じでは?

ちゅら いい質問です。

T へへへ。

ちゅら 1年間にイデコに投資した額を確定申告すれば、そのお金の分がまるまる所得控除されます。

T は、はい(・・・控除もよく分かっていない)。

ちゅら たとえば、サラリーマンの方でお給料が税金で20%引かれているとしますよね? 会社員がイデコの上限の年27万6千円を積み立てた場合、所得税と住民税が合計で5万2千円も戻ってくるんです。

T つまり、結果的に税金が安くなると?

ちゅら そうです。しかも、運用期間中に出た利益にも税金がかかりません!