[okinawa復帰50年]

北緯27度付近の海上に集まり、船上で手を振り合う国頭村側(奥)と与論町側の関係者=28日午前11時53分(金城健太撮影)

海上集会が開かれた地点

北緯27度付近の海上に集まり、船上で手を振り合う国頭村側(奥)と与論町側の関係者=28日午前11時53分(金城健太撮影) 海上集会が開かれた地点

 沖縄や奄美諸島を日本から切り離したサンフランシスコ講和条約発効から70年を迎えた28日、復帰前に沖縄返還を求めて開かれた海上集会が10年ぶりに再現された。復帰50年を記念し、沖縄県国頭村と鹿児島県与論町が共催。両町村の船団が、かつて国境だった北緯27度線付近に集結し、共に友好平和宣言を読み上げた。復帰までの分断の記憶を継承し、恒久平和を実現すると誓い合った。(北部報道部・金城健太)

 午前10時に国頭村の宜名真漁港を出た村代表船団は、辺戸岬の北東約10キロ沖合を目指した。船首には大漁旗と日の丸がたなびいた。

 11時過ぎ、与論側から向かう船影が見え始めた。27度線付近で対面した代表団たちは、18隻に約110人。大きく手を振り合って再会を喜んだ。

 コロナ禍で、船体同士を近づけ過ぎない配慮も。国頭村の宮城明正副村長は「復帰運動を後世に語り継ごう」とあいさつした。

 復帰50周年記念事業与論推進委員会の田畑克夫委員長(63)は「合言葉は恒久平和。われわれの交流で争いのない世界を」と応じた。

 友好平和宣言は、沖縄の過重な基地負担を指摘。子どもたちの未来のため、世界平和の実現に取り組むことを誓い合った。「沖縄を返せ」の歌声が洋上に響き、そばを通った与論行きの定期フェリー内でも合唱が沸き起こった。

 4回目の参加となった青山惠昭さん(78)=浦添市=は「基地問題を抱え、復帰前とさほど変わらない沖縄の現状を問い直す象徴的な集会になった」と話した。