沖縄電力は28日、燃料価格の急速な高騰による業績状況の悪化を受け、役員報酬の削減や支店・営業所の統廃合などの効率化を進めると発表した。本永浩之社長を委員長に全執行役員と常勤監査役で組織する「緊急経営対策委員会」を12日付で設置した。