沖縄タイムス+プラス プレミアム

撤回見据え理論構築、戦略練り直す県【民意なき「暴挙」辺野古護岸着工・1】

2017年4月27日 16:00有料

 「ついに、この時がきたか」 名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が埋め立て工事の第一段階となる護岸建設に着手した25日午前、翁長雄志知事の側近は硬い表情で声を絞り出した。 同じ日、菅義偉官房長官はこう断言した。工事を進める上で「懸念材料は全くない」。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間