重量挙げの第82回全日本選手権兼第36回全日本女子選手権第2日は29日、愛媛県の新居浜市民体育館で行われ、男子67キロ級の糸数陽一(豊見城高-日大出、警視庁)がスナッチで大会記録の134キロを挙げ、ジャークは159キロ、トータル293キロで3連覇を果たした。

糸数陽一

宮本昌典

糸数陽一 宮本昌典

 同73キロ級の宮本昌典(沖縄工高-東京国際大出、同大職)もスナッチ153キロ、ジャーク188キロ、トータル341キロで2年ぶり5度目の頂点に立った。

【関連】糸数陽一「上昇していきたい」 右膝のけがで万全でない中…五輪代表の底力