【本部】9月20日に任期満了となる沖縄県本部町長選に向け、現職の平良武康氏(72)は30日、町内で会見を開き、立候補を表明した。平良氏は「1期目で成し遂げられなかった施策を2期目で完結させたい」と述べた。

平良武康氏

 平良氏は、1期目で力を入れた子育て支援・人材育成や福祉分野などの事業を2期目も継続するとし「コロナ禍で打撃を受けた町経済の立て直しにも全力で取り組む」と意気込んだ。

 また保守系の町議らが、平良氏が保革の立場を明言しないことを問題視していることに「保守・革新のどちらとも同じような距離感で議論しながら、町民の一体感を大切に町政運営していきたい」と述べた。

 同町議の真部(まぶ)卓也氏(41)も立候補に前向きな姿勢を示している。選挙戦となれば2006年以来、16年ぶり。

 平良 武康氏(たいら・たけやす)1950年2月15日生まれ。本部町謝花出身。名城大卒。73年県庁採用、北部農業改良普及センター所長、県立農業大学校校長などを歴任。2011年から18年まで副町長。18年町長選で無投票で初当選し現在1期目。(北部報道部・西倉悟朗)