沖縄県石垣市美崎町の旧庁舎跡地で建て替え工事が進められていた竹富町新庁舎が28日、完成した。5階建てで町民利用が多い町民課など窓口部門を1階に集約。新たに民間が運営し、通院やスポーツ大会参加などで石垣島での宿泊が必要な場合に利用できる簡易宿泊施設、島々の特産品を扱う売店も整備した。業務開始は5月2日から。

旧庁舎跡地に完成した竹富町新庁舎=28日、石垣市美崎町

「竹富町役場」の銘板を除幕する前泊正人町長(左から3人目)ら=28日、石垣市美崎町

旧庁舎跡地に完成した竹富町新庁舎=28日、石垣市美崎町 「竹富町役場」の銘板を除幕する前泊正人町長(左から3人目)ら=28日、石垣市美崎町

 落成式で前泊正人町長や新田長男議長らが「竹富町役場」の銘板を除幕し、テープカット。行政サービスの一層の向上を期待し、町のさらなる発展を願った。敷地面積は約1984平方メートルで、延べ床面積は約4446平方メートル。フロアとして利用できるのは4階までで、これまで建物が別だった教育委員会や商工会、観光協会、社会福祉協議会なども入居する。総事業費は33億7千万円。

 案内表示は外国人を含む全ての人にとって使いやすいユニバーサルデザインを採用。耐震・耐火性にも優れた建物になっている他、非常用発電機や電気室などを5階に配置するなど、災害時は町民の安全安心を担う地域防災の拠点として機能する。

 前泊町長は「新庁舎を契機として、これまで以上に細やかな町民サービスの充実を目指し、職員一丸となって全力で取り組む」と決意を新たにした。

 八重山市町会長の中山義隆石垣市長は市役所も昨年11月に新築移転したと紹介し「竹富町職員の皆さんも新庁舎で働けることに喜びを感じながら、より一層町民に向き合ってほしい」と期待した。

(八重山支局・粟国祥輔)