1922(大正11)年4月30日から東京で開かれた「運動体育展覧会」で、船越義珍(ぎちん)(1868~1957年)が「唐手」を披露してから、今年は100年の節目に当たる。沖縄から県外への本格的な普及はこの船越の上京が契機になった。琉球の「手」が、世界の「KARATE」となるまでの歩みをたどる。