沖縄県の多良間島で「赤いオナガガモ」と「赤いスズメ」が発見され、話題になっている。専門家は「黒色が薄くなるなどの発色異常が原因ではないか」と分析している。多良間村塩川の農業、羽地邦雄さん(74)が4月11日に「赤いオナガガモ」、15日に「赤いスズメ」を撮影した。

普通の色のスズメと一緒に餌を探す「赤いスズメ」=15日、多良間村塩川の牧場(羽地邦雄さん撮影)

多良間島で確認された「赤いオナガガモ」=11日(羽地邦雄さん撮影)

普通の色のスズメと一緒に餌を探す「赤いスズメ」=15日、多良間村塩川の牧場(羽地邦雄さん撮影) 多良間島で確認された「赤いオナガガモ」=11日(羽地邦雄さん撮影)

 オナガガモの全長は雄で75センチ、雌で55センチほどと大型で、体と首が細長い。県内には冬鳥として飛来する。「赤いオナガガモ」は雌とみられ、本来なら全体が褐色で黒褐色のまだら模様だが、全体が赤っぽい。羽地さんは「全国でちらほら見られているらしいが、多良間では初めて見た」。

 「赤いスズメ」は塩川の村議、垣花幸徳さん(59)と妻のゆかりさん(49)が4月初旬に見つけ、「目の錯覚ではないか」「赤い土がついただけではないか」と普通のスズメと何度も見比べていたという。

 幸徳さんは「雨にぬれても色落ちしないのでびっくりしている」、ゆかりさんは「赤は縁起がいいと聞く。多良間でもいいことがあったらうれしい」と喜んでいる。

 写真を見た山階鳥類研究所の森本元(げん)研究員は「『赤』とも表現できるが、赤色は幅が広く、鮮明な赤から赤茶までさまざま。このスズメは、赤茶色」と指摘。「黒色部が本来の真っ黒ではなく薄く、黒のメラニン発色の異常と同時に茶のメラニンの発現と発色が本来とは変化した異常な発色をしていると考えられる」と原因を分析した。(編集委員・福元大輔)