沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)は28日、沖縄科学技術大学院大学(OIST)発のスタートアップ企業EF Polymer社(イーエフポリマー、ナラヤン・ラル・ガルジャールCEO)へ5千万円の資本性ローンによる融資を実行したと発表した。同社は農作物の残さを使った100%天然由来のEFポリマー(高分子吸収体)を開発・製造している。融資を受けて、研究開発に携わる人材の採用を目指す。

 EFポリマーは、インド出身のガルジャール氏が2018年に母国で起業。OISTのスタートアップ支援事業の採択を受けて、20年に県内でも起業した。

 吸水ポリマーは、6カ月間水の吸収と放出を繰り返し、...