琉球銀行(川上康頭取)は1日、那覇市久茂地の旧本店跡地で、新しい本店ビルを着工する。新本店ビルは地下1階、地上13階建てで、同行やその子会社、ホテルなどが入居する予定。2025年10月31日の完成を見込む。

琉球銀行の新しい本店ビルの完成予想イメージ

 敷地面積は約4762平方メートル。鉄筋コンクリート造りで、中間層免震構造を採用。高い耐震性能や自家発電機などを備え、災害時の事業継続機能を強化した。また、従来のビルに必要なエネルギーの消費量を44%削減。延べ面積1万平方メートル以上の大規模建築物が対象となる、建築物の省エネ性能表示制度「ZEB Oriented(ゼブ・オリエンテッド)」として認定された。

 施工は、國場組、大米建設、屋部土建、仲本工業、金秀建設、大城組の特定建設工事共同企業体(特定JV)が担う。

(政経部・川野百合子)