琉球王朝時代の陶器や染織などを集めた特別展「琉球」が1日から、那覇市松山の「古美術観宝堂」で開かれている。8日まで。入場無料。 同展では、16~18世紀に琉球国の「尚家」が使っていたとされる螺鈿(らでん)の小椀(こわん)や着物のほか、現存する沖縄の赤絵で一番古いとされる焼き物などを展示。