1日午後3時40分ごろ、沖縄県恩納村の真栄田岬西側の沖合で、水難事故とみられる119番通報があった。那覇海上保安部によると、あおむけで浮いていた北海道大学職員(33)が駆け付けた消防隊員によって陸地に引き揚げられたが、その場で死亡が確認された。

(資料写真)沖縄の海

 那覇海保によると、大学職員は当時知人と2人でダイビングをしていたという。