NTTドコモ(東京都、井伊基之社長)は4月22日、沖縄県名護市嘉陽の海岸で、ウミガメ型の海上ドローンを使ってごみを回収するデモンストレーションを開いた。人が直接集めることが難しい沖合のごみを、遠隔操作で簡単に回収できる。同社の坂本秀治部長は「この技術とアイデアで、一人でも多くの方が海洋ごみ問題に関心をもってくれたらうれしい」と期待した。

カモメ型ドローンで位置関係を確認しながら、海洋ごみを回収するウミガメ型ドローン=4月22日、名護市嘉陽

学生らが海洋ごみを集めて作ったアート作品「未来へ」=4月22日、名護市嘉陽

カモメ型ドローンで位置関係を確認しながら、海洋ごみを回収するウミガメ型ドローン=4月22日、名護市嘉陽 学生らが海洋ごみを集めて作ったアート作品「未来へ」=4月22日、名護市嘉陽

 ウミガメ型の海上ドローンの後方に取り付けたネットで浮遊するごみを回収する仕組み。カモメ風に加工した別のドローンで上空からごみとの位置関係を確認しながらスマホで操縦する。同社の通信環境がある場所からならどこからでも遠隔操作ができる。

 デモンストレーションでは、海洋ごみの回収に取り組むボランティア団体「ごみが全ての始まりだった」の友寄隆秀代表が操縦。沖合のごみをうまくキャッチした。友寄さんは「簡単に扱える。人が回り込めない岸壁に浮遊するごみの回収などに利用できるかもしれない」と話した。

 同社プロモーション部の沢野綾子さんは「ビーチクリーンなどをしたくてもできなかった人もリモートで参加できる。今後も環境保全の取り組みに力を入れていきたい」と意気込んだ。

 同日、県内の学生やボランティアらが集めた海洋ごみで制作したアート作品もお披露目された。(北部報道部・西倉悟朗)