【横浜】横浜市在住の谷口遼さん(37)が自宅で育てているデイゴの花が咲き、近所や職場の人たちを楽しませている。SNSに投稿した写真には「見事に咲いている」などと沖縄県民からも反響があるという。谷口さんは「大切に育てたかいがあった」と話した。

谷口遼さんが育てているデイゴの花=横浜市(提供)

 谷口さんは、趣味で熱帯植物など50種類を育てており、デイゴは2019年に沖縄県南風原町の塩浜園芸から取り寄せた。寒さに弱いため、11月下旬から4月上旬までは室内に移して、冬を越した。

 1本の木に11個のつぼみができ、そのうち三つが開花。谷口さんは「毎日見守ってきて、ようやく咲いてくれた。苦労が実ってよかった」とした。

 デイゴは高木類のため、5~6メートルまで成長するが、谷口さんは鉢植えで育てているため、花を間近で観察できる。職場の同僚や友人が訪れ、写真を撮るなど楽しんでいるという。