胃心地いいね

島で唯一、ほぼ毎日開いている飲食店 売り出し中のメニューとは? 粟国村西「喫茶まはな」

2017年4月28日 16:33

 粟国島の西端、筆ん崎(海抜約90メートル)の一帯は「最も端」という意味で地元ではマハナと呼ぶ。晴れた日は海の向こうに沖縄本島や久米島、慶良間諸島などを望める景勝地だ。そこに「喫茶まはな」がある。

粟国島カレー。モチキビ入りのごはんは、島の形で出てくる。特有の食感と甘みが広がる

粟国村で唯一、ほぼ毎日開いている飲食店「喫茶まはな」

喫茶まはなの場所

粟国島カレー。モチキビ入りのごはんは、島の形で出てくる。特有の食感と甘みが広がる 粟国村で唯一、ほぼ毎日開いている飲食店「喫茶まはな」 喫茶まはなの場所

 粟国村発行の観光ガイド本は「ごはんはどこで食べることができる?」という問いに「選択肢はそれほどありません」と答える。現在、予約や事前確認なしで入れる飲食店は人口700人余りの島に三つ。うち二つは不定休。村観光協会の直営店「まはな」は旧盆、新正月、旧正月を除けば開いている。

 昨年から売り出し中なのが「粟国島カレー」(400円)。型抜きで島をかたどったごはんは、島特産のモチキビ入り。料理で出すのは、島でもまはなだけだ。酸味が強めのルーがモチキビ特有の甘みやもちっとした食感を引き立てる。

 一番人気のぜんざい(300円)は島産の黒糖や金時豆を二日間かけて仕込む。氷をひく機械は那覇市で食堂を営んだ島出身者から譲り受けた品で、機械任せではなく、人の手でひく強さを整え、ふわりと仕上げる。煮汁と絡むと、のどごし滑らかで味わい深い。

 季節や天候次第で客数が読みづらく、離島で貴重な食材を無駄にしないためインスタント品も使う。台風の余波で定期船が1週間止まった昨年、島に閉じ込められた観光客や1人暮らしの年配住民で店はごった返した。

 スタッフの1人、与那康旬さん(63)は「珍しい鳥や景観を探して、訪れる観光客との会話が楽しい。住民も含め、島でできる限りのおもてなしをしたい」と話していた。(南部報道部・堀川幸太郎)

 【お店データ】粟国村西1548。営業時間は平日午前9時~午後3時、土日祝日は午後5時(4~10月は午後5時半)まで。旧盆、新旧の正月が休み。20席で駐車場あり。問い合わせは粟国村観光協会、電話098(896)5151。

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
第72回沖展「特別展」
第72回沖展「特別展」
3D+VRでの鑑賞や、準会員賞・沖展賞などを紹介したYouTubeのスペシャルコンテンツを配信中
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
世界で活動するバイオリニスト・五嶋龍さんを招いてのリサイタルです。ピアノは鈴木隆太郎さん。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。