沖縄県久米島などの沖縄本島北西沖で1月30日から4月28日までに、震度1~3の有感地震を46回観測したことが4日、分かった。この地域で地震活動が長期的に活発化するのは1980年2月以来、42年ぶりとなる。沖縄気象台は、これまで久米島周辺で大規模な地震は発生していないとしつつも「常に緊急時に備えることが大事だ」と強調している。(社会部・東江郁香)

地震が起きるメカニズムイメージ

■80年は11回発生

 46回の地震のうち、震度3は3月30日午前2時36分に起きた1回。地震の規模を現すマグニチュード(M)は5・5だった。震度2は16回、震度1は29回だった。最大規模は、3月17日午後8時33分のM5・9。

 震度1未満の無感地震も含めると、1月30日から3月末までに516回の揺れがあった。

 80年2月9日から3月9日にかけて活動が活発化した際は、11回の有感地震が発生。同年3月3日に最大M6・7、震度3を観測した。

 震源は溝状地形の沖縄トラフ。ユーラシアプレート内での北北西と南南東方向に引っ張り合う力によって発生している。

■災害に備えを

 今回の震央付近ではM5・0以上を最大規模とした地震活動が時々あり、数年おきに活発化する傾向がみられる。今回は、記録に残っている1919年以降では、最も長く続いている。

 久米島町に住む平良曽清さん(93)は「1771年には八重山で明和の大津波が起きている。いつか久米島でも大地震が起きるのでは」と不安を口にした。

 気象台は、今後も地震活動が継続する可能性があるとする。地震火山課の担当者は、災害に備えて(1)避難経路を確認する(2)家具を固定する(3)最低でも1週間分の非常食を用意する-よう呼びかけた。