環境省は本年度、原材料調達や生産、廃棄の各工程で排出される二酸化炭素(CO2)の総量を商品に表示する制度の普及に本腰を入れる。排出量算定が煩雑なのが普及のネックになっており、モデル事業で新たな簡素な算定方法を探る。