「花と水の里 心豊かな喜瀬武原」をキャッチフレーズに、沖縄県恩納村の喜瀬武原区が2017年から、2連水車の上にこいのぼりを泳がせ、地域の名物になっている。水車の直径は2メートルと4メートル。青空が広がった憲法記念日の3日、同区の家族が集まった。