サトウキビ(ウージ)を染めた織物の展示即売会「COOL GREEN U-ji2022」(主催・豊見城市ウージ染め協同組合)が6日、那覇市久茂地のタイムスビルで始まった。8日まで。

1点物のトートバッグをPRする豊見城市ウージ染め協同組合員ら=6日、那覇市久茂地・タイムスビル

 ウージの葉や穂を煮出した染料で緑やピンク、黄色に染めた小銭入れやショールなど約1500点を販売する。ピンク色の商品は冬場のウージ収穫前の花を染色しているため限定商品だという。

 8日の母の日に合わせ、一点物のトートバッグ22種類も並んだ。6月第3日曜日の父の日用の名刺入れや手帳ケースなどもある。

 同組合の玉那覇清美代表理事は「この機会にウージ染めを知ってもらい、生活に取り入れてほしい」とPRした。

 展示即売会は午前10時~午後7時。問い合わせは同組合、電話098(850)8454。

(政経部・國吉匠)