北朝鮮が弾道ミサイルを発射した場合に備え、沖縄市が職員を緊急で集め、市民の避難誘導などを行う緊急態勢づくりを進めていることが28日、分かった。 緊急態勢は国が定める国民保護法に基づき、市が策定した「国民保護計画」がベース。