電気自動車(EV)の車載電池の材料に使うレアメタル(希少金属)のリチウムの価格が、昨年4月から約1年間で5倍超に上昇したことが7日、英調査会社アーガス・メディアの集計で分かった。EV向けの需要が急増しているためで、コバルトやニッケルなど電池に利用する他のレアメタルも高騰している。