沖縄タイムス+プラス プレミアム

名護市長選への影響 稲嶺氏、基地阻止貫く 野党は経済軸の戦略も【民意なき「暴挙」辺野古護岸着工・3】

2017年4月29日 13:13有料

 「本当にワジワジーして到底許せるものではない」。政府が辺野古新基地の護岸工事に着手した25日、名護市役所で記者団の取材に応じた稲嶺進市長は冒頭から怒りを隠さなかった。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気