<「日本が戦争回避を」半田滋氏、南西諸島と台湾有事で講演>からの続き

 那覇市のタイムスホールで7日に開かれたシンポジウム「変貌する安全保障環境と沖縄」に、約140人が詰めかけた。米中対立で日本の安全保障環境が厳しさを増す中、「いかに有事を回避すべきか」という半田滋氏と山本章子氏の問題提起を通して、来場者は「国際環境の中での沖縄の在り方」を考えた。

 半田、山本両氏は「台湾有事」が起きれば...