8日午前7時24分ごろ、沖縄県北谷町北谷の国道58号で米軍普天間基地所属の海兵隊上等兵の男性(20)が運転する普通乗用車が縁石に衝突した後、歩道に乗り上げ、歩いていた男性(61)をはねた。

海兵隊上等兵の男性が運転する乗用車が歩道に乗り上げ、歩道脇の鉄柵が破壊された現場=8日、北谷町北谷

 沖縄署によると、歩いていた男性は腰を強く打ち、意識不明の状態で沖縄本島中部の病院に搬送されたが、同日午前11時33分に死亡が確認された。海兵隊の男性は右足に打撲を負うけがをしたが、命に別条はない。

 同署によると、海兵隊の男性が運転する車は嘉手納町方面から宜野湾市方面に南下中だった。事故は通行人からの通報で発覚。海兵隊の男性からアルコールは検知されていないという。

 現場は片側3車線の直線道路。同署が事故の原因を詳しく調べている。