沖縄県県農林水産物販売促進協議会(会長・普天間朝重JAおきなわ理事長)は、語呂合わせにちなみ制定された「ゴーヤーの日」の8日、JAおきなわ中部ファーマーズマーケットちゃんぷる~市場(沖縄市登川)で消費拡大セレモニーを開いた。「裏ゴーヤーの日」の8月5日まで県内外へゴーヤーをPRする。

「ゴーヤーの日」をPRする県農林水産物販売推進協議会の普天間朝重会長(前列右端)ら=8日、沖縄市登川の中部ファーマーズマーケットちゃんぷる~市場

1袋100円のゴーヤーを買い求める客=8日、宮古島市平良西里・ファーマーズマーケットみやこ「あたらす市場」

「ゴーヤーの日」をPRする県農林水産物販売推進協議会の普天間朝重会長(前列右端)ら=8日、沖縄市登川の中部ファーマーズマーケットちゃんぷる~市場 1袋100円のゴーヤーを買い求める客=8日、宮古島市平良西里・ファーマーズマーケットみやこ「あたらす市場」

 セレモニーでは11時58分を「いいゴーヤー」の時間として1本58円で販売し、千本が完売した。同時にほっともっとなどを営むブレンズ(浦添市、光武輝彦社長)の提供でゴーヤーの苗200株も配布された。

 普天間会長は「ゴーヤーは健康野菜として県外でも多く食べられている。これからも消費拡大に取り組む」と話した。(政経部・國吉匠)

宮古島市でも激安販売

 「ゴーヤーの日」の8日、JAおきなわ宮古地区本部は宮古島市平良西里のファーマーズマーケットみやこ「あたらす市場」ほかで1袋に2~3本が入ったゴーヤーを100円で販売した。午前9時の開店と同時に大勢の客が押し寄せた。

 宮古地区は昨年度、JAおきなわで最多の938トンのゴーヤーを出荷。本年度は千トンが目標だ。平良秀樹営農振興センター次長は「1、2月は天候不順だったが、3月以降はよく成長している。おいしいゴーヤーをたくさん食べてほしい」と話した。