Tokyo沖縄めし(4)沖縄倶楽部 源さん 東京都港区新橋

 

ことし9月でオープン24年を迎えるという。都内の沖縄料理店でも古株のほうに入るだろう。新橋界隈の沖縄ファンにはよく知られた店だ。

 

夕方5時過ぎ。新橋3丁目の路地にした入口には「あちょんどー」の文字。ウチナーグチで「開いてます」の意味。営業中だ。

さっそくオリオンビール。それにお通しのもずくが来た。暑い季節の到来にぴったりのコンビである。

        

メニューは定番のチャンプルーいろいろ、豆腐よう、スクガラスなど珍味系や天ぷらのほか、もずくギョーザという変わり種もある。泡盛の銘柄もひと通り、そろっているし、古酒43度から新酒のアルコール度の低いものまで、客の好みに合わせたラインアップだ。

 
 
 

料理はまず豆腐チャンプルーにした。

 

写真が下手で豆腐があまり見えないけど、野菜の下にどっさり隠れていました。もちろん、味は申し分なし。チャンプルーは、どれも家庭の味がするよね。

泡盛は本島北部の「今帰仁城」43度の古酒。クースはまろやかで飲みやすいから油断すると、たいへんなことになる。写真後方のピッチャーとアイスペールは、琉球ガラス現代の名工の稲嶺盛吉さんの息子・盛一郎さんの作という。

右から町田アキエさん、宮城大征さん

店のオーナーは沖縄のうるま市出身の町田宗源さん。名前の一文字を取って店の名にした。店を切り盛りしているのは女将の町田アキエさん、宜野湾市出身だ。24年前に近くの別の場所に店を構え、それなりに繁盛していたが、手狭だったため移転を考えていたところ、道路に面した一階に空き店舗を見つけることができ、今に至っている。途中で隣の店まで広げ、壁を抜いて大きくした。

現在、学生のアルバイトを含め10人で昼と夜の営業をこなす。法政大2年の宮城大征さん=那覇市出身=もその一人。中野でエイサー団体に所属し、イベントなどに出向き演舞するのが大好きだ。

店のこだわりは沖縄から直送の島野菜。きょうだいや親類のつてを頼り、沖縄県内からゴーヤー、パパイヤ、ハンダマ、フーチバーなどを仕入れる。

アキエさんは「島野菜を中心にボリュームたっぷりでビジネスマンにパワーをつけてもらい、満足してもらえるよう心掛けている」という。沖縄そばのスープは、豚骨や鶏ガラ、かつお節からじっくり出汁をとる。「中途半端なことはやりたくないし、お客さんにおいしいと言ってもらいたい」と話す。

 

いま、店で力を入れているのが、八重山から仕入れているヒージャー(ヤギ)料理のメニューだ。

石垣市でヤギ肉を加工販売している会社が、島に自生する多くの薬草やハーブを飼料に取り入れてヤギを育てており、「やいまハーブ山羊」というブランドで売り出している。ヤギ独特の臭みがないのがウリという。

メニューにはヒージャー汁のほか、ラーメン、ユッケと興味深いものも。チーイリチーは血を固めて内臓と炒めた料理でヒージャー料理の通は汁や刺し身よりこちらを好む。

この日はヒージャー汁と刺し身を注文した。

 
 

刺し身は食欲をそそるピンク色。締まった肉がたまりません。皮はコリコリ、肉は淡泊で、なるほど、ハーブ効果なのかジビエ臭がない。初心者でもいけると思う。ヒージャー汁はつゆだくだよ。それに塩、フーチバー(よもぎ)、ショウガのヒージャー汁に欠かせない三種の神器を投入して、いざ実食。

 
 
 
 

汁を一口すするだけで、ヒージャー沼にどっぷり浸かる。ヒージャーの出汁の薫りが鼻腔を占領する。牛汁や豚汁とはまた違う味わい。この沼、はまったらもう抜け出せない。肉も内臓や足の部分などコラーゲンも充実している。暑い夏に汗をかきかき食するのも、またいいのだ。ヌチグスイ ワタグスイだよぉ。

となりのビジネスマン二人はチーイリチーを食べていた。この次来るときは、絶対チーイリチーだね。

 ◇     ◇

別の日の金曜日。ランチで店に寄って牛そばを注文した。沖縄そばの上にどかっと牛肉もやし炒めが盛られている。そう、牛肉もやしの森だ。そばが見えない。

 

牛肉もやしを半分くらい食べたところでようやく沖縄そば参上。

 

八重山の香辛料、ピパーチを入れると、より風味が増し、体が火照ってくる。このボリュームに大満足。午後の仕事がはかどりそう。

〈メモ〉
沖縄倶楽部 源さん
〒105-0004 東京都港区新橋3-21-7 ル・グランシエルビル.31 1F
ランチ  11:30~14:00
ディナー 17:00~22:00

東京都を中心に首都圏の沖縄料理店はおよそ600店あると言われる。チャンプルーや揚げ物、海産物、煮込み料理など独特の食文化はいまや全国区。しかし、どの店も材料や味付けは微妙に異なる。沖縄の酒「泡盛」も種類は豊富。あまりの美味しさに「ちむどんどん」する、心躍る沖縄の味を求めて、こだわりの店を紹介する。(随時掲載)