那覇市教育委員会は12日、安謝小学校の給食に長さ8ミリの金属片が混入していたと発表した。9日、5年生の担任教諭が児童のフルーツを盛り付け配膳した際、児童が発見した。12日時点でけがや健康被害の訴えはない。

給食のフルーツに混入していた長さ8ミリの金属片(那覇市教育委員会提供)

 安謝学校給食センターによると、フルーツ缶のふたと同じ材質である可能性が高く、缶詰を開けたときに金属片が混入したとみている。給食センターは安謝小に1日632食、那覇中学校に636食を提供している。

 市教委は11日付で保護者宛てに報告とおわびの文書を送付した。「一缶ずつ開け、缶のふたを立ち上げた状態で中身を確認後、容器に移し、混入がないか確認する」などと再発防止策を説明した。