外出は最低限にと言われていたその頃、絵本作家の五味太郎さんは自分の頭の中をぶらぶら散歩していた。書き下ろしのエッセーに20年間撮りためた旅先の写真を添えた新著は、自由な思考と遊び心から紡ぎ出される文章に、鋭い社会時評や人生観が顔を出す。