ごはんが始まってからのナンユウくんは、わたしの心配をよそに、海鮮バーベキューを美味(おい)しくいただくことに専念していた。