県が13日に事実上決定した沖縄振興計画は、国側が強く求めた証拠に基づく政策立案(EBPM)の考えを取り入れ、第6次で初めて「必要に応じた5年以内の見直し」を盛り込んだ。