欧州連合(EU)のミシェル大統領は13日、被爆地の広島市を訪れ声明を発表した。ウクライナに侵攻したロシアが「許し難いことに核兵器の使用に言及している」と非難。北朝鮮も「違法で挑発的なミサイル実験を繰り返している」として「世界の安全保障の脅威となっている」と批判した。